校正憲章 MENUを開く

出版は文化の本城にして、校正はその堡砦たるべし。
校正・校閲の志を高く掲げるため、また進むべき方向を見極めるため、この憲章を定める。

  • 一、校正者は文章の瑕疵を取り除くために読む
  • 二、校正者は著者によりそい、文章をよりよいものにするために読む
  • 三、校正者は常に最初の読者というつもりで読み、なにより客観性を重んじる
  • 四、校正者は出版工程の一部であることを自覚する
  • 五、校正者は常にゲラにとって何が最善かを考え行動する
  • 六、校正者はゲラに関して自分を含めたすべてを疑う
  • 七、校正者は他工程の出版人と、相互の尊敬をもってゲラに向かう
  • 八、校正者は向上心を忘れず、一生をかけて技術を身につける
  • 九、校正者はあきらめない
鴎来堂ホーム