事業内容

鴎来堂は校正・校閲の会社です。

鴎来堂は神楽坂に事務所を構える校正・校閲の専門会社です。
僕たちは編集業務の中の「校正・校閲」に特化した、しかも仕事の9割は「書籍」を扱うというちょっとめずらしい会社なんです。
会社自体とても若くて、設立は2006年の1月。そしてスタッフもやっぱり若く、平均年齢は34.2歳。ベテランから新人までみな個性的ですが、全員「本を作ることが好き」という理由で鴎来堂に集まりました。
「校正・校閲が手を抜くといい本は出来ない」とうぬぼれて、やっといろいろな版元さんに認めてもらえるようになってきました。

校正・校閲 MENUを開く

鴎来堂は校正・校閲の技術を主軸として、出版制作の流れを一元化していきます。

校正・校閲

校正・校閲とは「まちがい」を見つける作業です。
ただ、ひとくちに「まちがい」といっても自明だと思われるものから、そうでないものまでありますね。
レシピブックでは「大さじ」と表記するのか「15cc」と表記するのかを、その本の中で統一したほうがよいことが多いです。それが読者にとって大切な情報ですから。
でも、小説においては作家さんの表現を最優先した方がよいことが多いので、(とくに一般語の)表記統一は行わない場合が多いです。作家さんは漢字がつながることを嫌って、わざとヒラいたりすることがあります。表記が文芸作品の表現に絡んでいることがありえますので、おいそれと変えてしまうことはできませんね。
さらに、作家さんの中には「一般語も含めてすべての語句を表記統一してほしい!」と仰るかたもいらっしゃいます。
本によって読み方が違うんです。

鴎来堂でゲラをお預かりするときは窓口として営業部のものがお邪魔いたします。
この本をどのように読んでいくのか?
対象読者は?
調べ物は?
〆切は?
編集部・校閲部にお伺いしたときに、様々な疑問を解決して最適の校正者に渡していく下準備をしていきます。
僕たちは初校と再校で役割を変えてチームとしてゲラをよくしていくために、編集部や校閲部の皆さんとの連携をとても大事なものだと考えているからです。

校正・校閲
鴎来堂ホーム